ご購入の流れ


住まいのご購入にあたっては、借入額や自己資金を把握して、事前に資金計画を立てることが重要。また、住宅ローンは優遇制度も多岐にわたるため、お客様にとってどんな融資が最も有利で適しているのかもしっかりと見極めなければいけません。

少しでも有利にお借り入れができるよう、専門家のアドバイスをあおぐことも必要となってきます。資金プランについてのシュミレートは、弊社のローンシュミレーションをご活用ください。




購入を思い立ったら、まずは弊社にお問い合せいただき、条件などご希望の物件内容をお聞かせください。弊社の専門スタッフがじっくりとお客様の話に耳を傾け、ご希望に沿う物件をピックアップしてご提案させていただきます。



ご提案させていただいた物件とお客様のご希望がマッチすれば、現地を見学していただきます。同じ物件でも、写真やパンフレットで見るのと実際に現地で見るのとでは、大きな違いがあります。また、周辺環境をお客様自身で体感していただくことも重要です。ご納得のいくまで物件を見ていただきます。 ※会員専用ページでは、当社自慢の物件を沿線別にご紹介しています。




現地をご覧いただき、本命の物件が決まれば、次は売買契約へ。不動産の売買契約には、「不動産売買契約書」と「重要事項説明書」の2種類の書類が作成されます。

1-不動産売買契約書
売主と買主が売買契約を取り交わしたことを説明する書類。
2-重要事項説明書
売買する物件がどういう物件かを説明した書類。建ぺい率や容積率、建造物の高さなど、その物件について詳細に説明しています。弊社の宅地建物取引主任者が、資料を提示しながらわかりやすく説明していきます。

契約の際、手付金が必要になります(手付金は売買代金の一部に充当されます)。併せて収入印紙代もご用意していただきます。




売買契約を締結すれば、次に住宅ローンの申込みへ。
住宅ローンは各金融機関が取扱っていますが、内容はさまざまです。
また、商品も多彩ですので、事前に弊社担当者が綿密に打ち合わせを行い、お客様が一番有利に融資を受けられる金融機関を選択し、お手続きをサポートいたします。
審査が終了し、融資内定を受けたら、金融機関との間に金融消費賃貸契約を締結します。



司法書士の先生が売主様の書類を確認した後、残金、その他諸経費を支払います。
その後、法務局にて移転の手続きが終わり、家の鍵を受け取れば、購入のための手続きは終了となります。